🍀あつこおばちゃまの⭐タロットグッズ⭐ハンドメイド🍀 📢セール開催中です📢 👆こちらをクリック👆

タロットカードとは ~其の6~

ごきげんよう。

タロット占い師の中込あいですひよこ

前回は、
 

「ワンド・カップ・ソード・ペンタクル」

という4つの象徴に分けられる小アルカナが

それぞれの象徴に合わせ

四大元素の「風・火・水・土」のエネルギーを持っているという説明をしました。

四大元素は「自然界の世界を構築している概念」

でありますが、

「人間の精神を構成している要素」にもつながるのです。

ヒトも自然と共に生き、魂の乗り物である肉体はやがて土へ還る、

自然界の生き物ですからね。

簡単に四大元素と人間の精神と小アルカナが

どのように関連しているかというと

ワンド(木の棒)  熱意・創造力・成長・本能・直感

カップ(聖杯)  愛情・情動・感受性・芸術性

ソード(剣)  思考・判断力・知識・情報

ペンタクル(金貨)  五感・物質的・実利的・成果報酬

こんな感じです。

もう少し詳しく掘り下げてみましょうゆび

藍色のタロット

「火」にどのようなイメージを持つでしょう。

強い・熱い・恐い・・・

人類の進化・文明は火をおこせるようになってから始まった

といわれるように、

私たちの「成長」に火は欠かせないものです。

木の棒に若芽が芽吹いているように、

「成長」「前進していく力」を感じます。

「何かをはじめよう」とすることは

とてもエネルギーの要ることです。

新しい仕事や趣味をはじめるとか、外出するとか。

それらにはまず自分の「意志」が必要です。

意志は魂に火がついて湧くものだと思います。

燃えるような本能から来る意志もある。

そんな「ゼロから何かを生み出す創造性」も象徴しています。

火は、誰かを愛したり、守ったりする熱意にも通じますが

火は強すぎると燃やし尽くし、破壊をもたらします。

大なり小なり、闘いや争いは生きていく上で必要不可欠な事柄ですが

闘える強い力は、人を傷つける暴力になる場合もあります。

木の棒は成長するための強い意志の力と生命力でもあり、

振り回せば暴力となり、武器になるほどのエネルギーを含んでいる。

熱い人も、行き過ぎるとウザいし顔文字

強く逞しい人も、行き過ぎれば手におえない恐い人になる。

だけど、生きていく上で無くてはならない

本能的エネルギー。

それが火を司るワンドの持つエネルギーです。

あ、けっこう長くなっちゃった。

この辺で区切って

カップの「水」の解説を次回にしますわね~

タロットカードとは~其の7~へつづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました